top of page
検索
  • mizutanitsa

業務紹介 性能評価

我々が行っている業務の中で性能評価についてご紹介いたします。

性能評価の背景として、今まで住宅の持つ性能を評価する基準はバラバラでした。 これでは住宅の性能を同じ基準で客観的に評価することができません。 住宅性能表示制度はこうした背景から、2000年4月1日に施行された品確法に基づき、住宅の性能を客観的に評価する為に作られました。 その性能評価は、国が定めた第三者機関が、お客様の住まいづくりを客観的なものさしでしっかりと検査します。

この申請業務を私たちは年間200棟以上の性能評価申請をサポートしております。

閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示

性能評価の評価項目

住宅性能評価では住宅の性能について、国土交通大臣の登録を受けた第三者機関である 「登録住宅性能評価機関」が評価します。 ①構造の安定に関すること(必須) 地震や風・雪などの影響による建物の「倒壊耐久度」や「損傷の受けにくさ」を評価。 ②火災時の安全に関すること 住宅の中で火事が起きたときの、燃え広がりにくさや避難のしやすさ、 隣の住宅が火事のときの延焼のしにくさなどを評価。 ③劣化の軽減に関するこ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page